【入院医療】療養病棟の改定ポイント

教材イメージ

商品解説

HP・GP担当MR注目!
療養病棟入院基本料:医療区分の見直し、在宅復帰機能強化加算算定要件の見直し

「地域包括ケアシステムの構築・推進」、「医療機能の分化・強化」を進めるために、入院医療については、機能に応じた適切な評価が推進されます。
この教材では、療養病棟入院基本料に焦点を合わせ、改定からみえてくる国の狙い、改定によって生じる患者、医療機関への影響を徹底解説します。

内容紹介

  •  療養病棟とはなにか
  • ◆議論のポイント:療養病棟入院基本料の医療区分
  •  療養病棟入院基本料と医療区分
  •  医療区分とは
  •  医療区分の振り分け基準
  •  改定ポイント! 医療区分の見直し:酸素療法
  •  改定ポイント! 医療区分の見直し:頻回の血糖検査
  •  改定ポイント! 医療区分の見直し:うつ状態
  • ◆議論のポイント:療養病棟入院基本料2
  •  療養病棟入院基本料の施設基準
  •  改定ポイント! 施設基準の見直し:医療区分2・3の患者割合
  •  医療区分1の患者割合
  • ◆議論のポイント:在宅復帰機能強化加算
  •  在宅復帰機能強化加算とは
  •  厚生労働省の調査:退院患者の入棟期間
  •  厚生労働省の調査:患者の流れ
  •  在宅復帰機能の評価における問題点
  •  厚生労働省が示した見解
  •  改定ポイント! 在宅復帰機能強化加算の見直し
  • ◆まとめ
  •  国の狙いは?
  •  患者への影響は?
  •  医療機関への影響は?

活用のヒント

これまでの議論を振り返ることで、国の考え、医療機関の考えを掴むことができます。
単なる点数表の羅列や暗記だけでは身につかない、医療政策を「自分で考える」力を身につけたMRは、担当する医療機関・施設へ的確なフォローをすることができるようになるでしょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:解説ノート付パワーポイント(pptx)
  • ダウンロード形式:pptx
  • 備考:24枚 確認問題はつきません
  • 発行月:2016年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ