【在宅医療】在宅医療の改定ポイント

教材イメージ

商品解説

GP担当MR注目!
報酬体系の大幅見直しと課題の是正

最大の改定ポイント「在宅時医学総合管理料(在総管)」の見直しをはじめ、在宅医療の質・量および向上を図る観点から、評価体系が大きく見直されました。
改定議論の元となる在宅医療の課題の理解からはじめ、改定ポイントを理解することで、国の狙いや医療機関への影響を掴むことができます。

内容紹介

  •  在宅医療の報酬体系の確認
  •  平成26年度改定における対応
  • ◆在宅医療現場の課題
  •  患者の居住場所と診療状況の関係
  •  同一建物における診療
  •  在宅医療における月当たり診療回数
  • ◆平成28年度改定ポイント
  •  改定ポイント 重症度・居住場所に応じた評価:「在宅時医学総合管理料」の見直し
  •  改定ポイント 重症度・居住場所に応じた評価:「在宅時医学総合管理料」改定内容
  •  参考:「同一建物居住者」と「単一建物診療患者」の取扱い
  •  改定ポイント 重症度・居住場所に応じた評価:「特定施設入居時等医学総合管理料」の見直し
  •  参考:重症度の高い患者とは
  •  改定ポイント 質の高い在宅医療・訪問看護の確保:「在宅患者訪問看護・指導料」の充実
  •  改定ポイント 質の高い在宅医療・訪問看護の確保:機能強化型訪問看護ステーションの要件見直し
  •  改定ポイント 退院直後の在宅療養支援に関する評価:「退院後訪問指導料」と「訪問看護同行加算」の新設
  • ◆まとめ
  •  国の狙いは?
  •  患者への影響は?
  •  医療機関への影響は?

活用のヒント

在宅医療における課題を理解して改定内容をみることで、国の考え、医療機関の考えを掴むことができます。
単なる点数表の羅列や暗記だけでは身につかない、医療政策を「自分で考える」力を身につけたMRは、担当する医療機関・施設へ的確なフォローをすることができるようになるでしょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:解説ノート付パワーポイント(pptx)
  • ダウンロード形式:pptx
  • 備考:20枚 確認問題はつきません
  • 発行月:2016年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ