平成28年度調剤報酬改定ポイント解説

教材イメージ

商品解説

薬局訪問に力を入れる全MR注目!

平成28年度調剤報酬改定は、「薬局ビジョン」に沿った改定内容になっています。
まずは「薬局ビジョン」がどのようなものであるかを理解したうえで、調剤報酬改定の内容をみていきます。
本来の医薬分業、地域包括ケアシステム推進の観点から、医科同様、「かかりつけ」の役割を期待される薬局・薬剤師へのフォローとして、MRに何ができるかを考えるきっかけになるでしょう。

内容紹介

  • ◆「薬局ビジョン」と調剤報酬改定の関係
  •  「薬局ビジョン」が掲げる「かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき3つの機能」
  •  平成28年調剤報酬改定のポイント
  • ◆医薬分業とは
  •  薬価差の問題
  •  薬価差の是正と医薬分業
  •  「量」から「質」へ見直される医薬分業
  • ◆平成28年調剤報酬改定ポイント:,かりつけ薬剤師・薬局の機能の評価
  •  「かかりつけ薬剤師指導料」の新設
  •  「かかりつけ薬剤師」への高いハードル
  •  算定のためにクリアすべき要件
  •  かかりつけ薬剤師包括管理料と地域包括診療料
  •  基準調剤加算の施設基準の見直し
  •  在宅患者訪問薬剤管理指導料の見直し
  • ◆平成28年調剤報酬改定ポイント ¬局における対人業務の充実
  •  薬剤服用歴管理指導料の見直し
  •  重複投薬・相互作用防止加算の見直し
  •  外来服薬支援料の見直し
  • ◆平成28年調剤報酬改定ポイント L臍位局の評価の見直し
  •  門前薬局の評価はなぜ見直されるのか?
  •  門前薬局は儲け過ぎか?
  •  大型門前薬局を狙い撃ちする「調剤基本料3」
  • ◆平成28年調剤報酬改定ポイント その他
  •  後発医薬品調剤体制加算の見直し
  • ◆まとめ

活用のヒント

調剤薬局への訪問を強化している製薬企業が増えています。なぜ訪問を強化する必要があるのか、自社製品の取扱いを増やすだけがMRの活動意義ではないはずです。
2025年、その先の2035年に向けて国が明文化した「薬局ビジョン」は、これからの薬局・薬剤師のあるべき姿を示しており、平成28年調剤報酬改定の核となるものです。
改定内容を単なる点数表の変更と捉えるのではなく、国からのメッセージと捉えることで、薬局が求められていることを「自分で考える」ことができるMRは、ひと味違うサポートができるでしょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:解説ノート付パワーポイント(pptx)
  • ダウンロード形式:pptx
  • 備考:25枚 確認問題はつきません
  • 発行月:2016年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ