2016年度診療報酬改定と地域包括ケア

教材イメージ

商品解説

地域医療現場の最新動向を理解する

地域医療の現場では2025年までの「地域包括ケアシステム」構築を目指した仕組みづくりが進められています。
医療・介護分野で時代の重要なキーワードになっている「地域包括ケアシステム」。
この地域包括ケアシステムとは何かを改めて見直し、2016年度診療報酬改定による国の推進策を確認しながら、医療を取り巻く環境の変化がMR活動にどのように影響してくるのかを考えます。

対象製薬企業:全製薬企業

内容紹介

  • ◆超高齢社会を支える地域包括ケアシステム
  •  超高齢時代の医療・介護を支える備えが必要
  •  地域包括ケアシステムの姿
  •  市町村における地域包括ケアシステム構築のプロセス
  • ◆医療と介護のインフラ連携の背景
  •  介護分野における整備
  •  医療分野における整備
  •  医療・介護総合確保推進法のポイント
  • ◆川上から川下へ在宅に向けた医療提供体制の流れ
  •  「施設から地域へ」「医療から介護へ」
  •  川上の改革 病床機能報告制度
  •  在宅復帰率による誘導
  • ◆地域包括ケアシステムにおける在宅医療の在り方
  •  在宅医療の多職種ネットワーク
  •  訪問診療の中心となるのは在支診・在支病
  •  在宅医療専門の在宅療養支援診療所に対する評価新設
  • ◆保険薬局の在宅医療への対応
  •  患者のための薬局ビジョン
  •  2016年度改定での在宅対応評価
  •  地域包括ケアシステムにおける保険薬局の役割
  • ◆まとめ

活用のヒント

地域包括ケアシステムにおいて医薬品情報の中心となるのが保険薬局です。薬局のかかりつけ機能のテーマとあわせて学習すると、地域包括ケアが進む中で、今後のMRに求められる情報提供の姿が見えてきます。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:23枚 解説ノート付
  • 発行月:2016年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ