1年目の医療事故調査制度

教材イメージ

商品解説

制度開始より1年が経過する「医療事故調査制度」の現況をみる

医療事故の再発防止を目指す「医療事故調査制度」が、平成27年10月のスタートから約1年経過し、制度の見直しがありました。
新制度の下、医療機関は医療事故にどう向き合おうとしているか、その立場を理解できるよう、まずは「医療事故調査制度」とはどのような制度なのかを改めて確認し、課題を整理していきましょう。

内容紹介

  • ◆医療事故調査制度の概要
  •  医療事故調査制度とは
  •  「医療事故」の定義
  •  医療事故調査の流れ
  • ◆医療機関院内調査の概要
  •  医療機関が行う院内調査項目
  •  遺族への説明事項及びセンターへの事故報告について
  •  事故調査結果の報告について
  • ◆制度開始後の医療事故報告について
  •  医療事故調査制度の現況
  •  センターへの相談内容の内訳
  •  制度運用の難しさ
  • ◆今後の調査報告標準化への道のり
  •  医療事故調査制度の運用改善
  •  遺族等からの相談への対応改善
  •  医療機関の体制整備と再発防止策の検討の充実
  • ◆まとめ

活用のヒント

医療事故調査制度は、MRが直接的に関係するものではないため、自分の業務には影響がないと見逃しがちです。
しかし本制度は、その規模にかかわらずすべての医療機関に関係する制度です。当然、担当先の医療機関すべてが影響を受けるものであり、MRとして当然知っておくべき知識です。
担当先の医療機関が安全確保へどのような取り組みを行っているのかを理解して、情報提供活動を行うことができるMRが求められるでしょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:解説ノート付パワーポイント(pptx)、解説付問題10問(docx)
  • ダウンロード形式:zip
  • 備考:21枚 
  • 発行月:2016年8月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ