薬剤性腎障害診療ガイドラインを読み解く

教材イメージ

商品解説

ガイドラインから臨床現場が求めている育薬を読み解く

「薬剤性腎障害診療ガイドライン2016」作成の背景には、患者数が1300万人を超えるCKD( 慢性腎臓病)対策があり、薬剤性腎障害対策もそのひとつです。現実問題として、腎臓専門医であっても、多剤服用が常態化している高齢者では、薬剤性腎障害を正確に診断するために非専門分野への知識が必要となり、診断は容易ではありません。今後、進展する高齢化に比例するように、MRが持つ薬剤性腎障害に関する医薬品情報が、CKD 対策として臨床現場で大きな価値を持っていくことになります。薬剤性腎障害の原因薬剤を把握し正確に診断できるかかりつけ医が増えてくるかどうかは、これからのMRのPMS活動にかかっているといえるでしょう。

内容紹介

  • ◆なぜ薬剤性腎障害診療ガイドラインが作成されたのか
  •  ガイドライン作成の背景
  •  薬剤性腎障害とCKDの関係
  • ◆薬剤性腎障害の発症機序と分類
  •  薬剤性腎障害の4分類
  •  薬物の尿中排泄
  • ◆薬剤性腎障害の診断基準
  •  原因薬剤の特定は難しい
  •  薬剤性腎障害原因薬物一覧表には500種以上の薬剤
  • ◆薬剤性腎障害予防のためにできること
  •  薬剤性腎障害の調査
  •  薬剤性腎障害の予防
  • ◆薬剤性腎障害診療ガイドラインから考える育薬
  •  薬剤性腎障害診療ガイドラインは育薬の成果?
  •  これからの薬剤性腎障害診療ガイドライン
  • ◆原因薬剤逆引き薬剤性腎障害一覧表
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

MRが薬剤性腎障害診療ガイドラインを通して臨床現場が求めているPMS活動を理解し、育薬に取り組む意義を感じてもらうことを意識した教材です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:24枚 解説ノート付
  • 発行月:2017年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ