OPD(オフ・パテント・ドラッグ)の市場動向と関連制度

教材イメージ

商品解説

拡大するOPD市場

特許が切れた先発医薬品(長期収載品)とその後発医薬品(ジェネリック医薬品)から構成されるOPD(オフ・パテント・ドラッグ)の市場が拡大し、今、製薬業界では注目が集まっています。後発医薬品の数量シェアを引き上げる国の政策が後押しする後発医薬品市場はもとより、オーソライズド・ジェネリック(AG)や長期収載品の切り離しなど、各社の知財戦略が動きを見せており、バイオ後続品(BS:バイオシミラー)市場の動向も見逃せません。
OPDの市場動向や関連制度を把握することで、OPDに関する情報提供活動の意義を考えられるようになりましょう。

内容紹介

  • ◆OPD市場拡大の背景
  •  先発医薬品の特許と後発医薬品
  •  OPD市場誕生のきっかけ
  •  後発医薬品の数量シェアの推移と目標
  • ◆診療報酬による後発医薬品使用促進
  •  「後発医薬品使用体制加算」の指標の見直し
  •  「外来後発医薬品使用体制加算」の新設
  •  「一般名処方加算」に新たな算定要件
  •  機能評価係数供峺緘医薬品指数」の引き上げ
  •  薬局における後発医薬品使用促進策
  •  後発医薬品使用促進策による病院での影響
  •  後発医薬品使用促進策による薬局での影響
  • ◆OPDに関わる薬価制度
  •  Z2ルールの後発医薬品置換え率引き上げ
  •  新規後発医薬品の薬価引き上げ
  •  薬価が引き上げられた長期収載品:基礎的医薬品
  • ◆OPD市場を巡る知財戦略
  •  長期収載品の切り離し
  •  オーソライズド・ジェネリック(AG)の投入
  •  AG投入による知財戦略
  •  今後のAG市場の動向
  •  注目されるバイオ後続品(BS:バイオシミラー)
  •  承認申請時に必要な提出資料の比較
  •  活気を帯びるBS市場とその課題
  • ◆OPDに関する情報提供活動の意義
  •  長きにわたって医療を支える医薬品の価値
  •  参考:長期収載品やAGを巡る各社の動向
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、OPDの市場動向や関連制度を把握することで、OPDに関する情報提供活動の意義を考えられるようになることです。
改めて、OPDだからこそ情報提供を続けていくことの意義を考えましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:31枚 解説ノート付
  • 発行月:2017年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ