ポリファーマシーの問題点と対応策

教材イメージ

商品解説

超高齢社会に突入している日本において重要な問題であるポリファーマシーを考える

近年、ポリファーマシーということばを耳にすることが多くなったのではないでしょうか。
ポリファーマシーとは臨床における「多剤投与」のことで、特に高齢者医療の現場において、多剤投与を要因とする薬物有害事象の発生が問題視されています。ポリファーマシー問題の本質を理解し、問題解決に向けた医療政策や医療現場での取り組み、MRにできる支援を考えます。

内容紹介

  • ◆ポリファーマシーとは何か?
  •  高齢者への医療提供が難しい理由
  •  何剤からがポリファーマシーか?
  • ◆なぜ高齢者で投与薬剤数が増えるのか?
  •  年齢別傷病数と投薬数
  •  高齢者の服薬状況
  •  合併する疾患数による処方薬剤数の増加
  •  標準治療に従っても生じるポリファーマシー
  • ◆高齢者への多剤処方の問題点
  •  高齢者への投与薬剤数と薬物有害事象の関係性
  •  高齢者の薬物有害事象の例
  •  転倒リスクへの薬事対応
  •  服薬アドヒアランスの低下による懸念
  • ◆高齢者への医薬品適正使用の動き
  •  処方適正化のためのガイドライン
  •  ガイドラインが取り上げる疾患と項目
  •  「高齢者に対する適切な医療提供の指針」
  •  投薬に伴うリスクとベネフィット
  •  減薬か慎重投与か
  • ◆ポリファーマシー問題の解決に向けて
  •  診療報酬上のポリファーマシー取り組み評価
  •  診療報酬上のポリファーマシー取り組み評価
  •  診療報酬上のポリファーマシー取り組み評価
  •  高齢者医薬品適正使用検討会による添付文書調査
  •  薬剤師による取り組み
  •  MRには何ができるか
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、ポリファーマシーに陥りやすい高齢者の薬物治療において医療現場が求める情報提供ができるMRになることです。この到達目標を意識しながら学習を進めていくと効果的です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:31枚 解説ノート付
  • 発行月:2017年7月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ