Medical Education for MR Vol.17 No.68 2017年冬号

教材イメージ
 ★★★試し読みする★★★

書誌情報

メディカルエデュケーション編集部
発行:SCICUS
A4判   32頁  並製
定価 2,500円+税
ISBN 978-4-86668-003-3 C3447
刊行 2017年12月10日

内容紹介

 今号のテーマは「MRと臨床現場」です。
 「 臨床研究倫理 」では、2018年4月の臨床研究法施行を機に、診療と臨床研究とでは倫理的考え方が大きく異なることを解説します。
 「臨床検査値 」のテーマでは、院外処方箋に臨床検査値を記載するケースが増えるなど、適正使用と患者指向を目指した動きを解説します。添付文書記載の「 警告」の項や「臨床検査値 」欄の情報伝達の重要性を再確認しましょう。
 医薬概論はどちらも政府の「骨太の方針」に関連するテーマでもあります。「バイオ医薬品」では、分子標的薬をはじめとする革新的医薬品の開発の現状を、また高薬価となる傾向が強いこうした薬剤について、本来の安全性・有効性の面からの適正使用と薬剤費抑制という両面から「最適使用推進ガイドライン」が策定されていることを理解しておきましょう。

目次

●MRの倫理
○臨床研究倫理を考える〜臨床研究法施行に向けて〜
 ▶臨床研究のいまと臨床研究倫理の誕生
 ▶「 研究 」と「 診療 」の区別
 ▶インフォームド・コンセントとリスク・ベネフィット評価
 ▶PMSと臨床研究倫理
確認とまとめ

●医薬品情報
○副作用発見に役立つ臨床検査値
 ▶臨床検査値と副作用
 ▶臨床検査値と医療の現場
 ▶院外処方箋への臨床検査値印字
 ▶MRに何ができるのか?
確認とまとめ

●医薬概論
○最適使用推進ガイドラインのねらい
 ▶最適使用推進ガイドライン誕生の背景
 ▶最適使用推進ガイドラインの概要
 ▶最適使用推進ガイドラインと製薬企業
確認とまとめ

○バイオ医薬品の基礎知識から最新動向
 ▶バイオ医薬品の歴史と命名
 ▶バイオ医薬品の市場動向
 ▶バイオ医薬品のいま ―バイオシミラーを取り巻く状況―
 ▶バイオ医薬品のこれから ―次世代の治療法の幕開け―
確認とまとめ

ページの先頭へ