医薬品等適正広告基準の見直し

教材イメージ

商品解説

医薬品の広告の本質と社会的役割を考える

昨今のメディアの多様化と、消費者リテラシーが向上したことによる国民ニーズへの対応のため、1980年に通知されて以来、35年以上もほとんど姿を変えていなかった「医薬品等適正広告基準」が2017年9月に改正されました。
その改正内容とは具体的にどのようなものだったのでしょうか。
この教材は、「医薬品等適正広告基準」の改正点のなかから、MRに理解しておいてほしい改正内容をピックアップして解説します。医薬品等適正広告基準の見直し内容から、医薬品の広告の本質や社会的役割について改めて考えましょう。

内容紹介

  • ◆医薬品広告を巡る歴史と広告基準見直しの背景
  •  規制改革実施計画に盛り込まれた広告基準の改正
  •  医薬品の広告規制の始まり
  •  広告基準ができた背景にあった薬害
  •  セルフメディケーションの推進
  •  OTC医薬品を取り扱う業界の声
  •  OTC医薬品業界からの課題の指摘
  •  OTC医薬品業界からの課題の指摘
  •  医薬品等の広告規制に関する動き
  • ◆OTC医薬品の現状と広告に関する消費者アンケート
  •  そもそもOTC医薬品とは?
  •  医薬品の分類
  •  セルフメディケーションによる医療費抑制
  •  伸び悩むOTC医薬品市場
  •  OTC医薬品の広告に関する消費者アンケート調査
  • ◆医薬品等適正広告基準改正のポイント
  •  広告基準と運用解釈の改正点
  •  改正Point
  •  改正Point
  •  改正Point
  •  改正Point
  •  改正Point
  •  今後に残されている課題
  •  広告監視指導の在り方の見直し
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、医薬品等適正広告基準の見直しから、医薬品の広告の本質や社会的役割について改めて考えることです。この到達目標を意識しながら学習を進めていくと効果的です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:29枚 解説ノート付
  • 発行月:2018年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ