2018年度薬価制度の抜本改革

教材イメージ

商品解説

製薬企業の存立基盤を揺さぶる薬価制度大改革

2017年末、厚生労働省が薬価制度の抜本改革をまとめました。新薬、長期収載品、後発品のそれぞれに厳しい財政上の枠をはめるもので、製薬業界は歴史的転換点に立たされていると言って過言ではないでしょう。
この教材では、2018年度薬価制度改革の内容から、国の狙いを正しく掴み、製薬業界に起こる変化を解説します。

内容紹介

  • ◆製薬業界を揺るがす大改革
  •  薬価制度の抜本改革に向けた基本方針
  •  PhRMAとEFPIA Japanの共同声明
  •  日本製薬団体連合会による意見陳述
  •  伏線となった高額薬剤の特例的薬価引き下げ
  • ◆新薬創出等加算の見直し
  •  新薬創出等加算とは
  •  新薬創出等加算の「品目要件」
  •  新薬創出等加算の「企業指標」と分類方法
  • ◆長期収載品と後発品の薬価見直し
  •  Z2ルールによる長期収載品の薬価引き下げ
  •  Z2ルールにおける後発品置換え率の変遷
  •  長期収載品の新設ルール「G1」「G2」「C」
  •  長期収載品の市場からの撤退環境を整備
  •  長期収載品が市場から撤退する後発品の価格帯
  • ◆薬価制度の抜本改革で製薬企業はどう変わるのか
  •  新薬創出等加算の対象品目を有する企業
  •  大手企業と中堅企業の規模によるハンディ
  •  長期収載品譲渡の動向
  •  長期収載品薬価見直しの激変緩和措置
  •  海外進出を促す厚生労働省のメッセージ
  •  後発品の国内市場の成長は緩やかに
  •  再燃するドラッグ・ラグへの懸念
  •  社会保障費の抑制を薬価引き下げに頼る
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

2018年度薬価制度改革の主な内容から、製薬業界全体と所属企業の動きがどう変化するか、時流を意識しながら学習することが効果的です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:29枚 解説ノート付
  • 発行月:2018年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ