Medical Education for MR Vol.18 No.69 2018年春号

教材イメージ
 ★★★試し読みする★★★

書誌情報

メディカルエデュケーション編集部
発行:SCICUS
A4判   32頁  並製
定価 2,600円+税
ISBN 978-4-86668-005-7 C3447
刊行 2018年3月10日

内容紹介

 今号のテーマは「変わるものと変わらないもの」です。
 「医師の働き方改革」でこれから医師の働き方が変わっていくなかで、MRに求められるものはこれまでと変わらず、医薬品の適正な情報提供です。
 「再生医療」で可能となる治療はどんどん進歩していきますが、治療を待つ患者さんのために薬を届ける製薬企業の使命に変わりはありません。
 「医薬品等適正広告基準」が改正されましたが、その判断基準はこれまでどおり、患者さん・消費者がその製品を適正に使用できる情報であるか否かです。
 「2018年度薬価制度改革」は製薬企業に大きな変化をもたらす改革となりますが、ひとりひとりのMRがやるべきことは、変わりません。
 “変わるもの”に注目しがちな私たちですが、“変わらないもの”こそ、見落としてはいけない大切なことではないでしょうか。

目次

●MRの倫理
○医師の働き方改革を考える
 ▶医師も「働き方改革」を
 ▶労働基準法と応召義務とのジレンマ
 ▶医師はなぜ長時間労働となってしまうのか
 ▶医療提供体制の維持に向けて
確認とまとめ

○再生医療と倫理
 ▶再生医療の実用化促進に向けた動き
 ▶再生医療のいま
 ▶再生医療に関する倫理的・社会的問題
確認とまとめ

●医薬品情報
○医薬品等適正広告基準の見直し
 ▶医薬品広告を巡る歴史と広告基準見直しの背景
 ▶OTC医薬品の現状と広告に関する消費者アンケート
 ▶医薬品等適正広告基準改正のポイント
確認とまとめ

●法規・制度・PMS
○2018年度薬価制度の抜本改革
 ▶製薬業界を揺るがす大改革
 ▶新薬創出等加算の見直し
 ▶長期収載品と後発品の薬価見直し
 ▶薬価制度の抜本改革で製薬企業はどう変わるのか
確認とまとめ

ページの先頭へ