PMDA情報の総活用

教材イメージ

商品解説

PMDAが発信する情報を使いこなせるMRになろう

PMDAから提供される医薬品に関する注意喚起情報やリスクコミュニケーションツールは何種類もあり、専任の担当者を置けない医療機関では、その整理と活用は簡単ではありません。
自身が担当する施設ではどのような悩みを持たれているのか、MRとしてどのように情報提供を行えばよいのか、考えてみましょう。
この教材は、PMDAが提供する情報の種類や特徴、活用方法を押さえ、医療従事者の役に立つ医薬品情報提供ができるMRになることを目標に学習を進めていきます。

内容紹介

  • ◆PMDAが行う業務〜セイフティ・トライアングル〜
  •  PMDAの3つの業務
  •  PMDAの沿革
  •  PMDAの健康被害救済業務
  •  PMDAの医薬品・医療機器等の審査関連業務
  •  PMDAの安全対策業務
  •  PMDAのその他の業務
  • ◆PMDAの安全対策業務
  •  医薬情報に関する責務
  •  PMDAから発信される医薬品に関する注意喚起情報
  •  PMDAが提供するリスクコミュニケーションツール
  •  ツールの理解度・活用度の低さ
  •  MRは重要な情報源
  •  医療機関でのPMDAメディナビの登録状況
  • ◆PMDA添付文書データベースを使いこなす
  •  受動的情報収集と能動的情報収集
  •  PMDAホームページの利用状況
  •  添付文書データベース活用例^貳面掌〆
  •  添付文書データベース活用例⊂楮拆霾鷂〆
  •  添付文書データベース活用例I嫗以現餮〆
  • ◆参考:審査報告書は情報の宝庫!
  •  臨床現場では審査報告書をどう活用しているか
  •  RMPと組み合わせて理解する
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

PMDAが発する安全性情報を担当施設の医療従事者はどのように整理しているか知っていますか?そこに悩みはないでしょうか?MRが情報を届ける相手を意識しながら学習を進めていくと効果的です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:36枚 解説ノート付
  • 発行月:2018年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ