在宅医療のいま、これから

教材イメージ

商品解説

地域包括ケアシステム構築の鍵を握る在宅医療

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援を包括的に受けられる体制を目指す「地域包括ケアシステム」構築の鍵を握るものとして、在宅医療推進の動きが活発化しています。
在宅医療は、限られた疾患を持つ、限られた環境にいる患者さんのためだけの医療なのでしょうか。
この教材では、在宅医療を取り巻く現状を理解し、地域の在宅医療提供体制のなかでMRの役割を見つけ行動に移すきっかけとしてもらうことを意識して制作しています。

内容紹介

  • ◆日本の在宅医療の歴史と現状
  •  在宅医療の推進に関する各種制度の変遷
  •  介護保険制度創設前の老人福祉・老人医療政策
  •  老人福祉と老人医療の制度的問題
  •  介護保険制度導入による一般への在宅医療の浸透
  •  在宅医療を受ける患者数の推移
  •  訪問診療を行う医療機関数の推移
  •  訪問診療は在宅療養支援診療所が中心
  •  在支診以外の診療所も在宅医療サービスを提供
  •  看取りまで実施する医療機関はまだ少ない
  • ◆在宅医療関連の2018年度診療報酬改定
  •  6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改定
  •  Point 攤濛雋擬塰問診療料機
  •  Point◆攘兮蛙芭轍短察
  •  Point【在宅患者訪問診療料供
  •  Pointぁ擶診料】に関する算定要件明確化
  •  Pointァ攀’酋化型訪問看護管理療養費3】
  •  PointΣ雜邂緡撤,料論
  • ◆医療計画における在宅医療
  •  整合性をとって進められる医療と介護の計画
  •  都市部と地方で異なる高齢化進展状況
  •  都道府県によって異なる在宅医療提供施設数
  •  地域の実情に合わせた在宅医療提供体制の目標
  • ◆在宅医療のこれから
  •  在宅医療の連携モデル
  •  連携モデル事例 Э斉狎邯横須賀市
  •  連携モデル事例◆栃木県壬生町
  •  連携モデル事例:千葉県柏市
  •  地域の在宅医療にMRはどう貢献できるのか
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

在宅医療への関心は、「在宅自己注射指導管理料」を算定できる注射薬を扱う製薬企業のMRが中心であるのが現状ではないでしょうか。在宅医療の提供を受ける患者さんは特別な疾患を持つ患者さんだけではなく、地域包括ケアシステムの構築が進むにつれ、今後ますます在宅での療養を選択する患者さんは増えてきます。取り扱う製品の領域に関係なく、地域の在宅医療提供体制の構築に協力できるMRであるべきです。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:35枚 解説ノート付
  • 発行月:2018年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ