危機的状況にあるMRのプロモーション

教材イメージ

商品解説

MRのプロモーションにガイドラインが発出された意味を理解していますか?

2018年9月に厚生労働省より「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」が発出され、本ガイドラインの適用が開始される2019年4月1日が目前に迫っています。
本ガイドラインの発出の意味を正しく捉え、危機感を持って受け止めているMRはどのくらいいるでしょうか?
医薬品プロモーションについてガイドラインが策定された背景を理解し、これからの時代に求められるMRのあり方を考えましょう。

内容紹介

  • ◆国による規制が強まる医薬品プロモーション
  •  MRは「医薬情報担当者」であるはずが…
  •  現在の医薬品等の広告規制
  •  大きな問題となった虚偽誇大広告違反事例
  •  広告監視指導における課題
  •  「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」策定までの経緯
  • ◆不適切なプロモーション事例
  •  医療用医薬品の広告活動監視モニター事業の概要
  •  違反疑いは5か月間で延べ67件も
  •  不適切な情報提供はクローズドな場で行われる
  •  具体例(誇大な表現でデータを説明した事例)
  •  疑義報告事例まとめ
  •  疑義報告事例まとめ
  •  疑義報告事例まとめ
  •  疑義報告事例まとめ
  •  疑義報告事例まとめ
  •  不適切なプロモーションはなぜ起きるか
  • ◆プロモーションに関するガイドラインの概要
  •  ガイドラインの目的と適用範囲
  •  ガイドラインにおける「プロモーション」とは
  •  プロモーションの4つの要件
  •  プロモーションにおける7つの禁止行為
  •  プロモーションにおいて積極的にすべき行為
  •  プロモーションを監督する部門の設置
  •  手順書・業務記録でプロモーションを管理
  •  MRに求められる責務
  • ◆危機ととるか、好機ととるか
  •  製薬業界の倫理基準に関する取り組みの歴史
  •  ガイドラインの誕生をどう意味づけするか
  •  製薬協コードに掲げられたMRの行動基準
  •  法改正案における添付文書情報の提供方法
  •  課徴金制度導入の議論
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、自身のプロモーション活動を省みるとともに今後目指すべきMR像を描き、その実現のために具体的に何をすべきか考えることです。
「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業」で報告された不適切なプロモーション事例はMRにとって耳が痛いものであると思いますが、医療者からMRがどう見られているか、包み隠さず伝えることも必要です。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:39枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ