再生医療周辺の法整備の現状

教材イメージ

商品解説

国民の関心も高い再生医療

iPS細胞の誕生をきっかけに、国民の再生医療への関心、期待が高まっています。
MRのみなさんは、自社が再生医療等製品の製造販売、開発に関わっていないからといって、再生医療に無関心でよいのでしょうか。根治治療の可能性を持つ再生医療の研究は医療者にとって非常に関心が高く、再生医療分野へ進出する製薬企業は今後ますます増えるでしょう。新たな分野である再生医療を安全かつ迅速に患者さんに届けるには、法による整備が重要です。再生医療の基礎知識から、再生医療をめぐる法整備の現状まで、しっかり押さえておきましょう。

内容紹介

  • ◆再生医療の基礎知識
  •  再生医療と細胞治療
  •  再生医療に関するこれまでの流れ
  •  これまでに日本で承認された再生医療等製品
  •  体性幹細胞、ES細胞、iPS細胞とは
  •  オールジャパンでの再生医療研究支援
  • ◆再生医療に関する法的枠組み
  •  規制がなかった自由診療下の再生医療
  •  2つの法律で規制される再生医療
  •  法の対象範囲となる「再生医療」とは
  •  再生医療法の手続き等のイメージ
  •  リスクに応じた再生医療の分類と手続きの流れ
  •  再生医療法違反による措置事例
  •  医薬品医療機器等法で「再生医療等製品」を新たに分類
  •  「条件及び期限付承認制度」の創設
  •  再生医療法施行規則の改正
  •  細胞提供者への説明同意事項の追加
  •  情報の公表等に関する規定の改正内容
  • ◆再生医療法の対象外となる細胞治療の法制度
  •  再生医療法の対象外となる細胞治療
  •  輸血療法に関連する法制度
  •  生殖補助医療に関連する法令、指針
  •  造血幹細胞移植法によるこれまでの規制概要
  •  臍帯血流出事案の概要
  •  造血幹細胞移植法の見直し概要
  • ◆再生医療のこれからの鍵を握るバイオバンク
  •  バイオバンクとは
  •  ナショナルセンター・バイオバンク・ネットワーク
  •  細胞・組織提供についての国民の意識
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材は、再生医療をめぐる法整備の現状を理解し、製薬企業の一員として、また国民の一人として、再生医療にどう関わっていくかイメージすることです。
製薬企業の一員としては、再生医療に関する研究また製品開発に今後関わる立場として。国民の一人としては、バイオバンクへの試料提供者として。再生医療の発展とともに、「自分ゴト」として、再生医療を身近に感じられるよう、イメージしましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:35枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ