「高齢者の医薬品適正使用の指針」を読み解く

教材イメージ

商品解説

薬物治療の一翼を担うMR必修の「高齢者の医薬品適正使用の指針」

2018年5月、厚生労働省より「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」が発出され、2019年6月には、患者さんの療養環境ごとの留意点を取りまとめた「同(各論編(療養環境別))」が発出されました。
医薬品の適正な使用に資するために活動するMRにとって、この指針は当然チェックしておくべきものです。この教材では、当該指針が作成された背景および高齢者の薬物治療に関する現状を含め、指針の内容を読み解いていきます。

内容紹介

  • ◆「高齢者の医薬品適正使用の指針」発出の背景
  •  多剤服用になりやすい傾向がある高齢者
  •  多剤服用となる例:複数医療機関・診療科の受診
  •  多剤服用となる例:処方カスケード
  •  ポリファーマシーの概念
  •  何剤(種類)からがポリファーマシー?
  •  指針作成の目的とは?
  •  診療報酬による医薬品適正使用の推進
  •  診療報酬による医薬品適正使用の推進
  • ◆指針の概要とポリファーマシー対策の留意点
  •  「高齢者の医薬品適正使用の指針」の構成
  •  ポリファーマシー対策で重要となる視点
  •  ポリファーマシー解消に向けた各職種の役割
  •  薬剤起因性老年症候群と主な原因薬剤
  •  高齢者への使用で注意すべき薬剤
  • ◆処方見直しの留意点
  •  処方見直しの基本的な考え方
  •  処方見直しのプロセス
  •  加齢に伴う生理学的変化と薬物動態の変化
  •  処方の工夫と服薬支援の主な例
  •  外来・在宅医療等への移行時における留意点
  •  回復期・慢性期病棟への入退院時における留意点
  •  その他の療養環境への入退所時における留意点
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材は「高齢者の医薬品適正使用の指針」を理解し、医療・介護の現場が必要とする適正使用情報を提供できるMRになることを到達目標としています。特にポリファーマシー解消に向けてどのような視点で処方見直しを検討するのか、医療者の視点を意識して学習を進めるよう誘導しましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:29枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ