がん患者をどう支援する〜がんと共生する社会を目指して〜

教材イメージ

商品解説

「がんとの共生」って?

2018年3月9日、第3期「がん対策推進基本計画」の変更が閣議決定され、公表されました。本計画では、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんの克服を目指す」ことを目標に、「がん予防」「がん医療の充実」「がんとの共生」を3本柱として、がん対策の推進が図られます。
この教材では、3本の柱のうち、「がんとの共生」に焦点を当て、これからの時代のがん対策について考えていきます。
MRの皆さんは、がんという疾病や治療薬の知識は豊富にあるでしょう。しかし、支援についての知識はどうでしょうか。MRとして、そして国民のひとりとして、「がんと共生する」患者さんと家族をどう支援できるか、考えてみましょう。

内容紹介

  • ◆「がんとの共生」とは
  •  がんは日本人の死因第1位
  •  日本のがん対策のあゆみ
  •  患者の声がつくった「がん対策基本法」
  •  患者参加で策定する「がん対策推進基本計画」
  •  「がんとの共生」の登場
  •  死亡率の低下・生存率の向上による新たな課題
  •  「がんとの共生」は第3期基本計画でも柱に
  • ◆がんと診断された時からの緩和ケア
  •  緩和ケアの定義
  •  緩和ケアは「全人的苦痛」への対応
  •  がん患者さんの心身の辛さ
  •  緩和ケアチームに関わるさまざまな職種
  •  MRも緩和ケアに重要な役割を担っている
  •  国民への緩和ケアの普及啓発はまだ不十分
  • ◆ますます重要となるサバイバーシップ支援
  •  サバイバーシップ支援とは
  •  がん患者の約3人に1人は就労可能年齢で罹患
  •  離職理由はがん治療への不安からが多い
  •  治療と仕事の両立をサポートする体制の構築
  •  仕事と治療等の両立に対する国民の意識
  •  小児・AYA世代のがん対策における課題
  •  将来のための妊孕性温存
  • ◆がん患者が安心して暮らすための相談支援
  •  治療と暮らしは「がんとの共生」の両輪
  •  がん相談支援センターの役割
  •  利用率がまだ低いがん相談支援センター
  •  患者同士の体験共有:ピア・サポート
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材では、がんと共生する社会の実現のために、がん患者さんをどう支援できるか、MRとしてだけではなく国民のひとりとして考えることを到達目標として、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考34枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ