介護ロボットの開発推進と倫理的考察

教材イメージ

商品解説

介護ロボットについて、考えてみませんか。

MRの皆さんは、薬物治療を中心とした医療の場が活躍のフィールドであるという意識が強いことでしょう。しかし、医療と介護の切れ目のない連携が進められるいま、MRも介護分野についての国の動向は押さえておく必要があります。
この教材では、国家戦略として進められている介護ロボットの開発・普及について、そもそもロボットを介護に使用することはよいことか?といった倫理的妥当性等、倫理的な視点からも考察していきます。

内容紹介

  • ◆介護ロボット開発推進の背景
  •  大きく拡大するであろうロボット産業市場
  •  右肩上がりの介護ロボット市場予測
  •  介護ロボット進展の裏にある超高齢・少子社会
  •  2040年までの人口構造の変化
  •  介護人材の需給ギャップ
  •  介護職の離職率は改善するも増加する不足感
  •  総合的な介護人材確保対策の主な取り組み
  •  喫緊の課題である介護従事者の腰痛予防対策
  •  介護職員の離職理由として多い腰痛
  •  国家戦略に位置づけられた介護ロボット開発
  •  「ロボット新戦略」が目指す2020年の姿
  •  現場ニーズに応える介護ロボット開発推進へ
  • ◆介護ロボット開発の現状と現場の声
  •  「介護ロボット」の定義
  •  省庁連携で進める介護ロボット開発
  •  ニーズとシーズのマッチング
  •  現在のロボット技術の介護利用における重点分野
  •  介護報酬で評価される介護ロボットの導入
  •  介護ロボットに対する現場の声(導入効果)
  •  介護ロボットに対する現場の声(職員への効果)
  •  介護ロボットに対する現場の声(被介護者)
  •  介護ロボットに対する現場の声(導入意向)
  •  介護ロボットに対する現場の声(未導入理由)
  • ◆介護ロボットを巡る倫理的課題
  •  介護ロボットの安全性の確保
  •  介護ロボット実証試験における倫理審査
  •  各種指針の倫理的視点
  •  ロボットによる介護はよいことか?
  •  介護ロボットの利用を国民はどう捉える
  •  介護ロボットの利用を国民はどう捉える
  •  介護ロボットの利用を国民はどう捉える
  •  高齢者に対する虐待防止策としての期待
  •  高齢者に対する虐待防止策としての期待
  •  新たな技術には新たな倫理的課題が
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材では、介護ロボット開発・普及の動向に興味を持ち、新たな技術に対し倫理的視点から考察できるようになることを到達目標として、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考41枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ