完全理解!「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」 全部セット

教材イメージ

商品解説

製薬企業・MRは必ず押さえなければならないガイドライン

2019年4月1日より、「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」の適用が開始されています。
しかし、文字ばかりのガイドラインをただ読むだけではなかなか苦痛…。頭にも入ってきません。
そこで、ガイドラインの項目を、独自に問題形式に仕立て直しました。問題を解き、解答を読み込んでいくことで、自然とガイドラインの内容がインプットされていきます。
問題形式は、正誤・選択・穴埋めとバリエーションをつけています。社内試験への転用もご相談ください。ご希望の納品形式に対応させていただきます。
【Q&A編】では、これまでに厚生労働省より3通発出されているガイドラインに対するQ&Aを網羅。
QとAがガイドラインのどの項目を指すか示しているため、ガイドラインの該当箇所を探す手間が省けます。
【問題・解答編】での該当する問題番号も示しています。
【疑義報告事例集・コメント編】では、最新の「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」より、実際に適切性について疑いがあるとされた販売情報提供活動の事例をまとめました。
現場のリアルなやり取りのなかで、どういった行為・発現が問題となるのか、実感が得られます。
ガイドラインのどの項目に抵触するか示しているため、ガイドラインの再確認作業もラクに。【問題・解答編】での該当する問題番号も示しています。
MR経験者(部長職経験)からのコメントも付いています。

【問題・解答編】、【Q&A編】、【疑義報告事例集・コメント編】のバラ売りもございます。



内容紹介

【問題・解答編】
 第1.基本的考え方
 第2.医薬品製造販売業者等の責務
 第3.販売情報提供活動の担当者の責務
 第4.その他
【Q&A編】
 「基本的考え方」についてのQ&A
 「医薬品製造販売業者等の責務」等についてのQ&A
 「未承認薬・適応外薬等に関する情報提供」についてのQ&A
【疑義報告事例集・コメント編】
 〔ぞ鞠Г慮能効果や用法用量を示した事例
 ▲如璽燭筌哀薀佞臨鶲嫖な抜粋・加工・強調・見せ方等を行った事例
 エビデンスのない説明や信頼性に欠ける/不正確な情報に基づく説明を行った事例
 じ愨腓壁集修鰺僂い浸例
 ヂ昭卆宿覆糧韜邉擇咾修譴亡悗垢訐睫世鮃圓辰浸例
 Π汰汗を軽視した事例
 利益相反に関する事項を明示しなかった事例

活用のヒント

社内試験に転用OK。納品形式をご相談ください。おすすめは、問題・解答はWordやExcel等、ご希望のファイル形式で納品(手数料ご相談)、pptは試験終了後の復習としてeラーニングでご利用いただくことで各自の理解が深まります。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)
  • ※確認問題は付きません
  • 備考:261枚 解説ノートなし
  • 発行月:2019年10月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ