Medical Education for MR Vol.19 No.76 2019年冬号

教材イメージ
 ★★★試し読みする★★★

書誌情報

メディカルエデュケーション編集部
発行:SCICUS
A4判   36頁  並製
定価 2,600円+税
ISBN 978-4-86668-013-2 C3447
刊行 2019年12月10日

内容紹介

 「Medical Education for MR 2019年冬号」をお届けします。
 今号では、近年登場した新たな話題と、日本の医療のあゆみを振り返る話題、双方を取りあげています。
 「これからの時代の看取り」では、ICTを利用した死亡診断を中心に、“人生の終い方”を考えます。
 「MRなら知っておきたい血液製剤のこと」では、血液製剤を巡る社会問題に触れ、血液事業と輸血医療のこれからを見つめます。
 「薬物相互作用に関する情報提供の重要性」は薬物治療における医療者のパートナーたるMR必修のテーマです。
 「フォーミュラリーの現状とこれから」では、昨今話題であるフォーミュラリーとはどのようなものであるか、また最新の動向を解説します。普及が進めば製薬企業に大きな影響を与えるフォーミュラリー。今からしっかりとフォローしておきましょう。

目次

●MRの倫理
これからの時代の看取り
▶看取りを巡る状況
▶人の死亡時の医師の役割と現実
▶ICTを利用した死亡診断の概要
確認とまとめ

MRなら知っておきたい血液製剤のこと
▶血液製剤の基礎知識
▶輸血後感染症と血液事業のあゆみ
▶限りある資源を安全・有効に使用するために
▶血液事業のいま・これから
確認とまとめ

●医薬品情報
薬物相互作用に関する情報提供の重要性
▶基本的知識の振り返り
▶薬物相互作用による薬害〜ソリブジン事件〜
▶薬物相互作用の評価指針と添付文書への反映
▶医療従事者がMR の情報提供に求めること
確認とまとめ

●法規・制度・PMS
フォーミュラリーの現状とこれから
▶フォーミュラリーとは何か
▶院内フォーミュラリー導入事例
▶院内から地域への展開
▶普及への課題と将来展望
確認とまとめ

ページの先頭へ