フォーミュラリーの現状とこれから

教材イメージ

商品解説

フォーミュラリーの動向、注目していますか?

近年、注目を集める「フォーミュラリー」。製薬企業・MRのみなさんはその動向に注目できていますか?
フォーミュラリーの普及は、製薬企業の戦略に大きな影響を及ぼします。そしてMRの活動にも直接的な影響を与えます。では、「フォーミュラリー」とはいったい何でしょうか?普及によりどのような影響があるのでしょうか?
フォーミュラリーの普及は製薬企業にとって厳しい状況を生むと考えられえますが、エリアにおける動向に注視し迅速な対応をとることが重要になってきます。
この教材は、フォーミュラリーとは何か、どのような狙いで検討されるものなのか、から押さえており、「フォーミュラリー研修はじめの一歩」となるよう意識して作成しています。基本的な知識から最新の動向まで、まずはこの教材でフォーミュラリーに触れ、これからのMR活動に生かせるように考えてみましょう。

内容紹介

  • ◆フォーミュラリーとは何か
  •  43兆円にまで拡大した国民医療費
  •  注目が集まる「フォーミュラリー」
  •  フォーミュラリーの医学的妥当性と経済性
  •  後発医薬品使用による診療報酬の加算
  •  問題提起された生活習慣病治療薬の処方の在り方
  •  フォーミュラリーへの政府の視点
  • ◆院内フォーミュラリー導入事例
  •  先進的な聖マリアンナ医科大学病院
  •  新薬へのシフトを防ぐ効果も
  •  浜松医科大学医学部附属病院の事例
  •  浜松医科大学医学部附属病院での具体例
  • ◆院内から地域への展開
  •  地域フォーミュラリーの必要性
  •  地域フォーミュラリーは作成難易度が高い
  •  スタートを切った山形県酒田地区
  •  共同事業として地域フォーミュラリーを作成
  •  地域フォーミュラリー導入の効果
  •  日本海ヘルスケアネット地域フォーミュラリー
  •  数量シェアを上げても薬剤費は下がらない?
  •  協会けんぽ静岡支部の取り組み
  •  大病院ひしめく東京・新宿でも
  • ◆普及への課題と将来展望
  •  院内フォーミュラリーの作成状況
  •  地域フォーミュラリーの作成状況
  •  国の医療政策のなかでの位置づけ
  •  普及のカギとなる医師・薬剤師の役割
  •  製薬企業・MRへの影響
  • ◆参考:「平成30年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査」
  •  病床規模別院内フォーミュラリー作成状況
  •  薬剤種類別院内フォーミュラリー作成状況
  •  院内フォーミュラリーを作成しない理由
  •  院内フォーミュラリーの作成が困難な理由
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、フォーミュラリーが導入される背景や目的を理解したうえで、活動地域での動向をいち早くキャッチしフォローできるMRになることです。この到達目標を意識しながら、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:39枚 解説ノート付
  • 発行月:2019年12月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ