第2話 機能に応じた病院群ごとに基礎係数設定する方向固める

教材イメージ

過去のニュースから、今が見える!!マンガ医療政策ニュース、バックナンバー。

2012年度診療報酬改定では、DPC制度について大きな見直しが行われました。その1つが、マンガでお伝えした「基礎係数」の導入です。
この仕組みには賛否両論がありましたが、最終的に了承され、実際に導入されています。その結果、I群(大学病院本院)が80病院、況押並膤愽賊)椡(造澆琉緡田鷆,鮃圓辰討い詆賊 砲90病院、祁押I群・況屋奮阿良賊 砲1326病院となりました。
この構造について、「祁欧砲呂気泙兇泙壁賊,あり、細分化すべき」などの見直し要望もありますが、「2018年度までは、大きな見直しをすべきではない」との意見が大勢を占めています。
当面は、この形(病院の入替えは改定ごとに行われます)で運用される模様です。

お客様の声

マンガなので読みやすい。(開業医 男性 36歳)

医療政策の流れがわかりやすく書かれていました。
職業柄、いつも具体例が書かれている情報を求めています。このマンガにもありました。

人に説明する際の参考になりました。(介護職 女性 49歳)

マンガなので理解しやすかったです。友人に説明するときに、このマンガを使って説明できて助かりました。

活用のヒント

医療や介護に関わる法律や政策がどのように作られるのか?背景や工程のしくみを理解して、医療関連ビジネスのトレンドを予測しましょう。

教材仕様
  • 原作:田淵アントニオ
  • 漫画:岡本圭一郎
  • 監修:鳥海 和輝
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:PDF 12ページ
  • 発行月:2011年2月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ