第31話 病院経営への影響必至、7 対1 等における特定除外制度廃止と短期滞在手術基本料の見直し

教材イメージ

過去のニュースから、今が見える!!マンガ医療政策ニュース、バックナンバー。

2014年度改定において、7対1一般病棟の見直しに向けて「特定除外制度の廃止」と「短期滞在手術基本料の見直し」が早くから議論されてきました。
これに加えて、「重症度・看護必要度の見直し」も重要です。これは、「7対1ではもっぱら重症な患者を診るべきである」という理念に沿って、「より重症な患者をピックアップできる基準としよう」という考え方のもとに行われるものです。
こうした見直しに沿えば、相当数の7対1一般病棟が、これまでどおりの点数を算定することが難しくなります。もちろん、これが病棟機能分化を進めていくための方向ではあるのですが、急激に進めると地域医療に大きな影響が出てしまいます。今後、数次の改定を経て、少しずつ7対1一般病棟の絞り込みが行われていくことでしょう。

お客様の声

マンガなので読みやすい。(開業医 男性 36歳)

医療政策の流れがわかりやすく書かれていました。
職業柄、いつも具体例が書かれている情報を求めています。このマンガにもありました。

人に説明する際の参考になりました。(介護職 女性 49歳)

マンガなので理解しやすかったです。友人に説明するときに、このマンガを使って説明できて助かりました。

活用のヒント

医療や介護に関わる法律や政策がどのように作られるのか?背景や工程のしくみを理解して、医療関連ビジネスのトレンドを予測しましょう。

教材仕様
  • 原作:田淵アントニオ
  • 漫画:岡本圭一郎
  • 監修:鳥海 和輝
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:PDF 13ページ
  • 発行月:2013年12月号
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ