2014年度診療報酬改定徹底解説 ワンランク上がる診療報酬制度の読み方

教材イメージ

医師との会話で「本当に」つかえる2014年度診療報酬改定の知識

2014年度診療報酬改定は、7対1入院基本料の見直しや、かかりつけ医機能の評価、在宅医療の充実など、注目点数が目白押しの「大きな改定」と言われています。 主要ポイントを、わかりやすく「入院医療」「外来医療」「在宅医療」「その他」にカテゴリー分けし、各社の重点分野について、ポイントを絞って効率的に学ぶことができます。 本資材は、単なる重要ポイントの紹介だけでなく、主要改定ポイントに込められたさまざまなメッセージを読み解きます。 国の狙い、患者への影響、医療機関への影響を、簡潔にポイントを絞って解説していきます。 MR活動を「ワンランクアップさせる診療報酬制度と政策に関する知識」を是非、ご体験ください。

内容紹介

  • ★★1章 診療報酬の基礎を身につける★★
  • ◆基本を理解する!! 診療報酬とは何か
  • 立場で変わる診療報酬の意味
  • 診療報酬点数の読み方 医療サービスのメニューと料金表
  • 施設基準とは
  • 診療報酬のインセンティブ機能とは
  • ◆背景知識を知れば、もっとよく理解できる
  • 過去の診療報酬改定の流れを理解する
  • 社会保障と税の一体改革
  • 2025年モデル
  • ★★2章 2014年度診療報酬改定徹底解説★★
  • 《カテゴリー:消費税率8%への引き上げに伴う対応》
  • ◆消費税率8%への引き上げに伴う対応
  • 《カテゴリー:入院医療》
  • ◆進む2025年へ向けた一般病棟改革 7対1一般病棟入院基本料
  • ◆【総合入院体制加算1】の新設
  • ◆集中治療室の評価
  • ◆【ADL維持向上等体制加算】の新設
  • ◆救急医療管理加算の見直し
  • ◆急性期後の受け皿強化 地域包括ケア病棟入院管理料を新設
  • ◆長期療養を担う病床の機能分化
  • ◆有床診療所入院基本料。もっとも低い区分を100点程度引き上げへ
  • ◆【回復期リハビリテーション病棟入院料1】1日2,025点
  • その他のリハ関連改定ポイントのまとめ
  • ◆【精神科急性期医師配置加算(16対1)】
  • 《カテゴリー:外来医療》
  • ◆主治医(かかりつけ医)機能を評価
  • ◆大病院外来の「紹介外来」、「専門外来」特化
  • 《カテゴリー:在宅医療》
  • ◆機能強化型在支診・在支病の要件の厳格化
  • ◆【在宅療養実績加算】の新設
  • ◆【在宅療養後方支援病院】の新設
  • ◆【機能強化型訪問看護ステーション】を新設
  • ◆不適切な在宅医療の是正
  • 《カテゴリー:その他》
  • ◆その他の注目改定ポイント
  • ◆まとめ

活用のヒント

診療報酬の点数だけを学んでも、医師と話せるようにはなりません。 医療機関および患者にとって、そもそも診療報酬はどういう意味を持つのか?診療報酬点数の読み方のコツは? 診療報酬のインセンティブ機能とは?これまでの診療報酬(過去10年)の流れはどうなっているのか?2014年度診療報酬改定の社会背景は? こういった背景知識を理解せずに、医師と会話するために診療報酬の知識は身につきません。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:坂上 陽子
  • フォーマット:PDF
  • 備考:112ページ 解説ノート付
  • 発行月:2014年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ