2014年度診療報酬改定 主治医機能評価「地域包括診療料」の徹底解説

教材イメージ

地域包括ケア時代に必要なプロモーション力を身につけよう

2025年(平成37)年に向けた医療提供体制の再構築、地域包括ケアシステムの構築がはじまっています。
2014年度診療報酬改定は、入院医療・外来医療を含めた医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等に取り組みを促すものです。
地域包括診療料において「服薬管理は院内処方を原則とする」旨が示されるなど、主治医機能評価は、今後の外来医療の機能分化と地域医療を占う上で、注目の点数です。
今号では、主治医機能評価に焦点をあわせ、2014年度診療報酬改定を読み解いていきます。

■受講期間 制限なし

全国どこからでも24時間受講可能です。iPadやiPhone、Android端末でもご利用いただけます。

■受講までの流れ

1.ご入金確認後送付されるメールから、受講票(PDF)をダウンロードしてください。
2.受講票に明記された受講用URLにアクセスします。
3.受講票に明記されたパスワードでログインし、受講を開始してください。
※申込者以外の不正受講は、固くお断りいたします。

■システム要件

インターネット環境が必要です。
使用機器および通信費等は受講者負担となります。
Windows・Mac両方に対応しています。
専用ソフトをパソコンにインストールする必要はありません。

(windows)
・Internet Explorer 6.0以降
・Adobe Flash Player ActiveX 10.1以降
(mac)
・safari 最新バージョンでご利用ください。
受講ができない場合は、受講する端末のブラウザを最新の状態に更新してください。

活用のヒント

「主治医機能を評価する地域包括診療料」の話題でも、診療所に向けた話題、病院に向けた話題と視点が異なります。自分の立場、クライアントの立場にあわせた改定意図を読み解く視点が大切です。 この資材では「院内処方」と「薬局の24時間対応」という側面から「地域包括診療料」を掘り下げて解説しています。医療ビジネスにおいて、薬局や薬剤部の院内処方への対応はどうなるのか?しっかり理解しておきたい、今、最注目の改定ポイントです。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:坂上 陽子
  • 発行月:2014年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ