精神科患者への社会偏見Part1

教材イメージ

精神科患者への社会偏見を考えてみましょう。

○教材で使うブラックジャックによろしくのエピソード
主人公・斉藤の指導医である伊勢谷は、アメリカに倣ってか、淡々と患者を治療し、退院させていきます。彼らがホームレスになろうと、自殺しようと、それは医者の責任ではなく、社会の問題ではないかと、斉藤に問いかけました…。

うつ病や認知症など精神病患者に対する社会的偏見は、大きな問題となっています。こうした偏見は精神病患者の地域生活への復帰の妨げとなるだけでなく、精神病の悪化や再発も招きかねません。精神科医療、精神病患者を受け入れる社会の見直しこそが、精神病患者の社会復帰に必要不可欠になることは言うまでもありません。
精神病患者の社会的偏見を正面から見据えていきましょう。

活用のヒント

名作マンガで、生命倫理を学びましょう。単なる学術知識ではなく、受講者が、考え、悩み、泣ける生命倫理教材はいかがでしょうか?生命倫理は基本的に正解のないテーマであり、自分で考え、考え続けていく態度が求められます。マンガのエピソードを読んでから、学習がスタートします。さまざまな登場人物の考え方の違いに触れながら、生命、医療の本質に触れていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)
  • 備考:28枚 解説ノート付
  • 発行月:2013年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ