地域包括ケアの動向(5) 在宅医療の医療連携

教材イメージ

地域包括ケア時代到来!! 地域医療連携にMRの力が求められる時代に

2012年の社会保障・税の一体改革において、在宅医療はこれまで以上に強調され重要視されています。在宅医療推進の背景、特徴などを概説し、入院中心の医療から地域ニーズを踏まえた医療・介護・福祉サービスの総合的な提供を目指すシステム構築のあり方と今後の展望について、考えていきます。

活用のヒント

2014年度診療報酬改定で、地域包括ケア時代が到来しました。 MR研修のポイント地域医療連携が制度として浸透してきた今、医療機関ではMRが持つ、文章化しにくい情報を求めています。MRが日常的に培ってきた人脈や人事、開業医の最適な訪問時間、疾患別の行政の動向、新しい治療指針など、MR活動の一環として蓄積された地域内の情報が求められる時代です。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:田城 孝雄先生
  • フォーマット:PDF
  • 備考:39ページ
  • 発行月:2013年1月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ