地域包括ケアの動向(7) 災害対策時の医療連携

教材イメージ

震災はまだ終わっていません。その時、MR にできることは?

2011年に発生した東日本大震災は、高齢化と医療過疎が進行する地域を直撃することになりました。阪神・淡路大震災等をモデルとした災害発生時の医療提供体制の概要とその課題、今後の運用の見直しについて、東日本大震災における宮城県石巻医療圏の対応にもふれながら解説していきます。

活用のヒント

2014年度診療報酬改定で、地域包括ケア時代が到来しました。 MR研修のポイント地域医療連携が制度として浸透してきた今、医療機関ではMRが持つ、文章化しにくい情報を求めています。MRが日常的に培ってきた人脈や人事、開業医の最適な訪問時間、疾患別の行政の動向、新しい治療指針など、MR活動の一環として蓄積された地域内の情報が求められる時代です。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:金谷 泰宏先生
  • フォーマット:PDF
  • 備考:37ページ
  • 発行月:2013年1月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ