第33話 2014年度診療報酬改定 主治医機能評価「地域包括診療料」の徹底解説

教材イメージ

1万人が読んでいる医療政策ニュース。

2025年(平成37)年に向けた医療提供体制の再構築、地域包括ケアシステムの構築がはじまっています。

2014年度診療報酬改定は、入院医療・外来医療を含めた医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等に取り組みを促すものです。
「地域包括診療料」において「服薬管理は院内処方を原則とする」旨が示されるなど、主治医機能評価は、今後の外来医療の機能分化と地域医療を占う上で、注目の点数です。
今号では、主治医機能評価に焦点をあわせ、「主治医の役割」であるゲートキーパーの現状と課題、「院内処方」と「薬局の24時間対応」という側面からも「地域包括診療料」を掘り下げて解説します。

お客様の声

マンガなので読みやすい。(開業医 男性 36歳)

医療政策の流れがわかりやすく書かれていました。
職業柄、いつも具体例が書かれている情報を求めています。このマンガにもありました。

人に説明する際の参考になりました。(介護職 女性 49歳)

マンガなので理解しやすかったです。友人に説明するときに、このマンガを使って説明できて助かりました。

活用のヒント

医療や介護に関わる法律や政策がどのように作られるのか?背景や工程のしくみを理解して、医療関連ビジネスのトレンドを予測しましょう。

教材仕様
  • 原作:田淵アントニオ
  • 漫画:岡本圭一郎
  • 監修:鳥海 和輝
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:PDF 16ページ
  • 発行月:2014年3月号
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ