2014年度薬価制度改革徹底解説 「後発品への置換え推進」と「イノベーションの評価」

教材イメージ

2014年度薬価制度改革のポイントを30分で理解する

目次

  • 2014年の薬価制度改革のトピック
  • 薬価制度改革を理解するための基礎知識
  • どうして、薬価は、必ず引下げられるのか?
  • 2014年薬価制度改革のポイント
  • 薬価制度改革を読み解く視点
  • 長期収載品の薬価引下げの新ルール(Z2)の導入
  • Z2
  • Z2の具体的な引下げ幅
  • 新ルールの適用品目数
  • 数改定先までのシミュレーション
  • 長期収載品の後発品置換え率の分布
  • 【新薬】新薬創出・適応外薬解消等促進加算の制度化見送り(試行を継続)および算定対象品目の絞りこみ
  • 【新薬】新薬創出・適応外薬解消等促進加算の制度化見送り(試行を継続)
  • 【新薬】新薬創出・適応外薬解消等促進加算の算定対象品目の絞りこみ
  • 【後発品】統一価格の拡大
  • 新しい統一価格のシミュレーション
  • 新規後発品の薬価
  • 《原価計算方式》の改正
  • 先駆導入加算 世界に先駆けて日本で承認を取得した場合の評価
  • 先駆導入加算と医薬品産業ビジョン
  • まとめ

■受講期間 制限なし

全国どこからでも24時間受講可能です。iPadやiPhone、Android端末でもご利用いただけます。

■受講までの流れ

1.ご入金確認後送付されるメールから、受講票(PDF)をダウンロードしてください。
2.受講票に明記された受講用URLにアクセスします。
3.受講票に明記されたパスワードでログインし、受講を開始してください。
※申込者以外の不正受講は、固くお断りいたします。

■システム要件

インターネット環境が必要です。
使用機器および通信費等は受講者負担となります。
Windows・Mac両方に対応しています。
専用ソフトをパソコンにインストールする必要はありません。

(windows)
・Internet Explorer 6.0以降
・Adobe Flash Player ActiveX 10.1以降
(mac)
・safari 最新バージョンでご利用ください。
受講ができない場合は、受講する端末のブラウザを最新の状態に更新してください。

活用のヒント

2014年度薬価制度改革が固まりました。 既収載品に関しては、後発品への置き換えを強力に推進する内容で、長期収載品を多く抱える企業にとって、より厳しい内容になっています。一方、新薬に関しては、原価計算方式によるイノベーション評価範囲が拡大され、先駆導入加算が新設されます。 「後発品への置き換え推進」、「イノベーションの評価」の2点が、2014年度薬価制度改革を読み解く上でのキーポイントと言えるでしょう。 今回の改定は,2025年問題を見据えた国の考える薬価制度改革の長期ビジョンが明確に示された形です。 本資材は、薬価制度改革を理解するための基礎知識を復習し、「2014年度薬価制度改革のポイント」を徹底解説していきます。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:坂上 陽子
  • 発行月:2014年5月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ