2014年度調剤報酬改定徹底解説

教材イメージ

後発品取り扱いメーカーMR必修!!

2025年に向けた医療提供体制の再構築、地域包括ケアシステムの構築がはじまりました。 今回新設された主治医機能を評価する地域包括診療料は、今後の外来医療の機能分化と地域医療を占う上で、注目の点数です。地域包括ケアシステムとして、介護ニーズと医療ニーズを併せ持つ高齢者を地域で確実に支えていくためには、訪問診療、訪問口腔ケア、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問薬剤指導などの在宅医療が不可欠です。 診療報酬や調剤点数の改定の意図をどうとらえるのか、どう理解するのか、そして、診療所と保険薬局を中心とした現場対応について、レポートします。

活用のヒント

主治医機能の評価と調剤報酬の改定ポイントは密接に関わっています。在宅医療の推進や後発医薬品の推進は、前回の改定から引き継がれているテーマですが、今改定以降も、引き続き、 2025(平成37)年に向けて、継続して取り組んでいく必要があります。、主治医機能の評価と、関連する調剤報酬の改定ポイントをしっかり理解して、地域包括ケアの中での自社MRの立ち位置を明確にする必要があります。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • 監修:坂上 陽子
  • フォーマット:PDF
  • 備考:42ページ 解説ノート付
  • 発行月:2014年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ