放射線を超えて Getting beyond radiation

教材イメージ

放射線とどう生きていくのか。すべての日本人が「自分で決める」ための知識と勇気。

 福島の人、そして子どもたちのお母さんのための言葉。国際的差別を避けるための海外への言葉。低線量被ばく、食の安全など、放射線リテラシーを語る専門家の責任ある言葉。赴任した大学で被災し、その専門知識を福島に捧げる決意をした核医学研究者が「日本語」と「英語の対訳」で綴る、放射線問題を巡る珠玉のエッセイ。

教材仕様
  • 著:奥 真也
  • 監訳:金子 恵美子
  • 1色・B5判変形・136ページ
  • 発行:2012年6月
  • ISBN:978-4-903835-57-0
ご利用条件
個人利用
社内利用
×
社外利用
×
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ