待たれる相互作用ガイドラインの運用

教材イメージ

定番の継続教育資材をどうぞ。

他科受診を背景とする多剤併用等による有害事象が多く報告されるなど、相互作用が安全対策上の大きな課題になっている。今、知っておくべき相互作用の問題と対応を学ぶ

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(ppt)、 解説付問題10問(doc)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:24枚 解説ノート付
  • 発行月:2014年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ