新難病法と医療費助成制度について

教材イメージ

平成27年1月1日、「難病の患者に対する医療等に関する法律」(難病法)が施行されました。
これまで法律に基づかない特定疾患治療研究事業として実施されてきた難病対策が法制化され、難病の医療費助成が社会保障給付費として定められたのです。
本教材では、難病法施行に至った経緯から、法律の概要、医療機関への影響を中心に解説していきます。

活用のヒント

難病法の基本理念は『難病にかかっても地域で尊厳を持って生きられる共生社会の実現』です。
この理念の実現には、各地域における病院・診療所・薬局・訪問看護ステーションといった指定医療機関の連携が必須です。そして、地域包括ケアの観点からも、医師・薬剤師・看護師・ソーシャルワーカー・ケースワーカー等といった多職種による勉強会の開催など、地域での難病支援を行う人材交流・育成の場が求められてくることでしょう。
MRが持つ地域での人的ネットワークをどのように活用できるのか、考えてみましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(ppt)、 解説付問題10問(doc)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:21枚 解説ノート付
  • 発行月:2015年2月
  • 改訂:2016年5月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ