よくわかる「基準調剤加算」2015 保険薬局医療政策マンガ [Kindle版]

教材イメージ
販売価格 1,080円(税80円)

※この商品は完売しました

ご購入上のご注意

本商品はamazon.co.jpでのダウンロード販売になります。
本ページでの表示は「※この商品は完売しました」となっておりますがご購入が可能です。
ご購入は以下のリンクからamazon.co.jpで行ってください。


本書の概要

24時間在宅対応で真の医療機関の体制づくり

製薬企業による保険薬局への情報提供活動が活発化しています。
この背景には後発医薬品の使用促進や一般名処方の拡大など、薬局の現場で薬剤を選択する場面が増えてきたことがあります。
薬局がMR に求めるものは、DI情報に限らず、処方元のドクターの考え方からの周辺情報までさまざまです。医療政策に関する情報もそのひとつです。
後発医薬品の推進は大きな流れですが、在宅医療の進行や薬剤師の職能拡大など、先発医薬品、後発医薬品を問わず、薬局は大切な訪問先です。
非常に厳しい内容といわれた2014年度調剤酬改定は、やはり多くの保険薬局に大きな影響を及ぼしました。
MRが、重要顧客である薬局の現場感覚を共有するため、今次改定で薬局経営に大きな影響を及ぼした「後発医薬品体制加算」「基準調剤加算」「薬剤服用歴管理指導料」の3つの改定内容をわかりやすく解説し、薬局経営に与えた影響、MRに対する影響を解説します。

書誌情報

著者:SCICUS

フォーマット:amazon kindle

発売日:2015年3月15日

ページの先頭へ