読書で鍛える患者脳トレーニング 緩和ケア編

教材イメージ

商品紹介 ※配送方法はヤマト運輸のみの商品です

緩和ケア

「患者を知り、より良いサポートをしたい」。これは医療に関わる者すべてに共通する思いです。
最前線の医師でさえ、患者との接し方については学ぶ機会が少ないと言われている中、医療チームの一員を目指すMRのための、『患者理解』の一助となるコンテンツが誕生しました。

医療漫画作品『ブラックジャックによろしく』(がん治療編)を通し、がん体験者と患者経験のない者との視点の違いを感じられます。
患者にしか持ち得ない『患者脳』に気づき、共感することで、MRの中に『患者脳』を形成し、よりよい患者ー医療従事者関係の構築へと導きます。

今でこそ一般にも知られるようになった緩和ケアの概念ですが、わずか十数年前までは、"治すことができるがん"のみが治療の対象であるという考え方が医師の間でも主流だったようです。
治る見込みのないがん患者に対して医療ができることは何なのか?緩和ケアは患者を救う"医療"にはなり得ないのか?という命題に切り込んだ医療漫画作品『ブラックジャックによろしく』のエピソードに対して、実際のがん患者はどういった感想を持つのでしょうか?

活用のヒント

パンフレット型の資材です。
「作品の把握」⇒「テーマに沿った倫理の基礎知識の修得」⇒「患者インタビュー記事による患者脳の理解」⇒「患者脳で考えるヒント」 という一連の流れで、自然と『患者理解』が進むように構成されています。
個人で読む自己学習ツールとして、また、患者脳について話し合うグループワーク用ツールとしても、ご活用ください。

※こちらの商品の価格は、個人利用の金額です。法人でご利用の際は、必ず使用人数分のご購入をお願いいたします。
教材仕様
  • 編集・発行:株式会社SCICUS
  • 4色・A4・6ページ
  • 発行:2015年6月
ご利用条件
個人利用
eラーニング使用
×
改変
×
ページの先頭へ