医療事故調査制度と医療現場の対応

教材イメージ

商品概要

    2015年10月より医療事故調査制度がスタートします。
    医療事故調査制度は、すべての病院、診療所が対象となります。
    本教材では、厚生労働省の関連報告書、省令・通知を反映し、医療現場で想定される対応について解説します。

    【本教材は、以下の課題について学習できます。】

    ■医療事故調査制度成立までの経緯を説明できる
    ■医療事故調査制度の内容を説明できる
    ■医療現場で想定される対応を説明できる
    ■医療事故に対する医師・患者双方の立場を説明できる
    ■MRとして医療事故調査制度に関われる
    ・地域全体の安全ネットワーク作りへの参画
    ・地方医師会での医療事故調査制度に関する勉強会
    ・医療事故調査支援団体の会合への協力


    対象製薬企業:全製薬企業

    内容紹介

    •  はじめに:学習の目的
    • ◆医療事故調査制度とは
    •  医療事故調査制度とは
    •  病院等に課せられた5つの義務(第6次改正医療法)
    • ◆医療事故調査制度ができるまでの歴史・背景
    •  「To Err is Human」の発表
    •  法律制定のきっかけとなった2つの医療事故
    •  医療過誤の届出機関は所轄警察署とされた
    •  制度における説明義務と報告に関する医療側と患者側との対立
    • ◆医療事故調査制度をめぐる法的解釈
    •  医師法第21条(異状死体等の届出義務)との関係
    •  届け出るべき事例の定義
    •  遺族への説明方法・説明事項(省令事項)
    •  準委任契約と透明性と説明責任
    • ◆医療事故調査のための具体的な対応
    •  医療事故死亡事例の統計情報
    •  医療事故調査の流れ
    •  院内事故調査の内容
    •  医療事故調査支援団体とは
    • ◆まとめ

活用のヒント

医療事故調査制度は、すべての病院、診療所が対象となる制度です。MRが直接的に関わることはあまり想定されませんが、すべての製薬企業様がおさえるべき内容です。特に、医療事故調査制度を契機に、地域ネットワークへの医療安全に関する情報発信を計画されている製薬企業様におすすめです。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:21枚 解説ノート付
  • 発行月:2015年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ