医療保険制度改革関連法の解説

教材イメージ

商品解説

国保制度創設以来半世紀ぶりの大改正を読み解く

2015年に成立した「医療保険制度改革関連法」は、健康保険法や国民健康保険法など5本の改正法をまとめた一括法で、国保制度創設以来半世紀ぶりの大改正といわれています。
2018年度までに、高齢化社会の進展により増大する医療費をいかに安定的に賄い、制度を持続していくのか。この医療改革の道筋を理解しましょう。
この教材は、日本の公的医療保険が直面するさまざまな課題も簡潔にまとめており、医療保険制度の基本から理解することができます。

対象製薬企業:全製薬企業

内容紹介

  • ◆社会保障制度の基本的な考え方
  •  公的な医療保険には健康リスクの審査がないのはなぜか?
  •  社会保険の考え方
  •  「社会保障」と「所得の再分配」
  •  被用者保険と国民健康保険
  • ◆医療保険制度改革関連法成立の背景
  •  日本の社会保険制度が抱える根本課題
  •  現行制度は少子高齢に対応できていない
  •  なぜ、お金が足りなくなるのか
  • ◆「医療保険制度改革関連法」の内容
  •  医療保険制度改革のスケジュール
  •  2015年度(平成27年度)の施行項目
  •  市町村国保の概要
  • ◆国民保険(国保)への財政支援の拡充
  •  2016年度(平成28年度)の施行項目
  •  紹介なしでの大病院受診時の定額負担の導入
  •  患者申出療養の開始
  •  2017年度(平成29年度)の施行項目
  •  後期高齢者支援金の全面総報酬割の導入
  •  2018年度(平成30年度)の施行項目
  •  国保の運営主体を市町村から都道府県へ移行
  • ◆まとめ

活用のヒント

これから団塊の世代が後期高齢者となり、高齢化と医療費の増加が進みます。国民皆保険制度が維持できるのかどうか、それに向かって、MRが活躍するマーケットの構造そのものが大きく変化しています。
医療の一翼を担う者として、MRは医療保険問題に当事者意識を持たなければならないということを、しっかりと伝えましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:23枚 解説ノート付
  • 発行月:2015年12月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ