『患者のための薬局ビジョン 〜「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ〜』を読み解く

教材イメージ

商品解説

かかりつけ薬剤師・薬局再編の道筋を追う

『患者のための薬局ビジョン 〜「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ〜』には、患者本位の医薬分業の実現に向けて、かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿を明らかにするとともに、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年、更に10年後の2035年に向けての再編の道筋が示されています。
この教材では、薬局ビジョンの策定に至った背景やその基本的な考え方、かかりつけとして持つべき機能、薬局再編の方向性など、薬局・薬剤師にとって懸案となるポイントについて解説します。

対象製薬企業:全製薬企業

内容紹介

  • ◆薬局ビジョン策定の経緯と背景
  •  薬局ビジョンの策定の2つの流れ
  •  「日本再興戦略」における薬局・薬剤師の位置づけ
  •  薬局ビジョン策定の背景
  • ◆『「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ』とは
  •  薬局ビジョンを貫く3つのキーフレーズ
  •  [地から機能へ
  •  対物業務から対人業務へ
  •  バラバラから一つへ
  • ◆かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき機能
  •  かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき3つの機能
  •  ”薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導
  •  24時間対応・在宅対応
  •  かかりつけ医を始めとした医療機関等との連携強化
  • ◆患者等のニーズに応じて強化・充実すべき2つの機能
  •  〃鮃サポート機能
  •  セルフメディケーションの推進
  •  高度薬学管理機能
  •  KPI:重要業績評価指標
  •  2016年診療報酬改定への影響
  • ◆まとめ

活用のヒント

すべての薬局が、中長期的な観点に立って、患者・住民に選択されるかかりつけ薬剤師・薬局になるべく、改革を必要とされています。そのために絶対に外せないのは地域ネットワークとの関わりです。MRが持つ地域ネットワークは、薬局の大きな助けとなることを伝えましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社SCICUS
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:22枚 解説ノート付
  • 発行月:2016年1月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ