【ナレーション付】2020年度薬価制度改革と診療報酬改定ポイント解説

教材イメージ

商品解説

薬価制度改革、診療報酬改定を社会保障の観点から俯瞰する

2020年度の薬価制度改革および診療報酬改定の内容が固まりました。今回の改定でも、薬価はマイナス改定と なり、診療報酬はプラス改定となっています。薬剤費の削減分を診療報酬の上乗せ財源に充てる格好が、近年の改定では続いています。
この教材では、社会保障関係費の伸び、医療費の伸びとその抑制策としての薬価制度改革を中心に、診療報酬の細かな改定項目ではなく、社会保障の観点から制度改正を鳥瞰します。

※この教材はナレーション付コンテンツになります。
ナレーションなしはこちら。

内容紹介 ※ナレーション付

  • ◆社会保障関係費の伸びと抑制策
  •  「全世代型社会保障」の実現に向けて
  •  社会保障費は歳出総額の3分の1
  •  社会保障関係費の内訳に占める医療の割合
  •  年々増加する国民医療費と伸びの要因
  •  高齢者医療費の抑制がポイントに
  •  高額レセプトの増加
  •  医療保険制度についての財務省の基本的な考え
  •  国民医療費の財源と負担割合
  •  保険給付の範囲のあり方の見直し議論
  •  OTC化済医療用医薬品の薬剤費自己負担の議論
  •  薬剤自己負担引上げの議論
  • ◆2020年度診療報酬改定のポイント
  •  医療費の構造と診療報酬本体・薬価改定の対象
  •  2020年度診療報酬改定の基本方針の概要
  •  2020年度診療報酬改定率への各号意見
  •  2020年度診療報酬改定率
  •  地域の救急医療を担う医療機関の評価
  •  救急受入件数の多い医療機関の過酷な勤務環境
  •  急性期一般入院料の要件の厳格化
  •  地域包括ケア病棟の実績要件等の見直し
  •  診療情報の提供に対する評価の新設
  • ◆2020年度薬価制度改革の概要
  •  2020年度薬価制度改革の議論の流れと論点
  •  新薬創出等加算制度の全体像
  •  新薬創出等加算の「企業指標」
  •  新薬創出等加算品目を比較薬とする薬価算定
  •  2018年度制度改革で導入された「G1・G2・C」
  •  長期収載品段階的引下げまでの期間短縮
  •  社会保障全体を俯瞰して考える
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、2020年度薬価制度改革と診療報酬改定のポイント理解から、日本の医療費問題、社会保障問題を俯瞰できるMRになることです。この到達目標を意識しながら、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ナレーション:あり
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:36枚 解説ノート付
  • 発行月:2020年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ