2020年度診療報酬改定解説〜透析に関連する改定ポイント〜

教材イメージ

商品解説

2020年度診療報酬改定、透析関連項目に激震!!

2020年診療報酬改定の答申が出ました。
透析は予想以上の減収となり、医療機関は戦々恐々としております。
⼈⼯腎臓の点数は、HIF−PH阻害薬やエリスロポエチン製剤等の腎性貧⾎薬を使⽤する場合でも56点の減点、使⽤しない場合には182点のマイナスです。薬剤の点数は基本包括されますので、製薬企業に対しても厳しい対応が求められそうです。
また、シャント設置術も大きなマイナス評価となり、透析医療機関にとっては大きな痛手となっています。
メディカルエデュケーションでは、いち早く医療機関へ取材を行い「病院の経営企画室監修」の下、透析関連の改定ポイントと医療機関の対策をまとめました。
この教材でMRの皆さんへ、いち早い情報共有と医療機関へのサポートをお願いします。

内容紹介

  •  腹膜透析と血液透析を併用する場合の要件の見直しとその対応
  •  導入期加算2の施設基準の厳格化とその対応
  •  腎代替療法指導管理料と届出準備のポイント
  •  血液透析の対応算定条件が腎性貧血薬を使用の有無による細分化とその対応
  •  シャント手術の大幅な減収への対応
  •  まとめ

活用のヒント

現場の診療報酬専門家による解説と、医療機関がとるべき対応をまとめました。すべてに詳しいノート解説がついています。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)
  • ダウンロード形式:パワーポイント(pptx)
  • 備考15枚 解説ノート付
  • 発行月:2020年2月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ