医薬品の価値の多様化がもたらすもの

教材イメージ

商品解説

多様化する医薬品の価値は何をもたらすか?

費用対効果評価の導入をはじめ、医薬品の価値の評価が多面化・多様化しています。また、テクノロジーの革新的進歩から、重症化防止や予防・先制医療といった医薬品にとどまらない製品・サービスを製薬企業が生み出し始めています。
「製薬」業界が変動期に入ったいま、さまざまな角度から、医薬品の価値、製薬産業の未来について考えてみましょう。
本稿は、薬剤師資格を持ち、製薬企業、調剤薬局チェーン、医薬情報コンサルティング企業等への移籍を経験され、医薬品業界を知り尽くした長尾剛司氏に、ご寄稿いただきました。

※ナレーション付コンテンツはこちら。

内容紹介

  • ◆医薬品の「価値」を考える
  •  医薬品の新たな評価価値:費用対効果評価
  •  費用対効果評価における評価の指標
  •  費用対効果評価の分析・評価の流れ
  •  【参考】費用対効果評価の対象品目と現状
  •  なぜいま医薬品の「価値」を再考するか
  •  ヘルスケア業界のバリューチェーン
  •  ヘルスケア業界のバリューチェーンの変化
  •  医薬品のバリューチェーン
  •  AIDMA購買行動モデルと受療行動の違い
  •  生命関連製品であるゆえの医薬品の特性
  •  医薬品の価値を高める適正使用のための「情報」
  • ◆治療におけるソリューションの多様化
  •  医薬品も課題解決策のひとつ
  •  デジタルセラピューティクスの登場
  •  承認が近い治療用アプリケーション
  •  開発が進むウェアラブルデバイス
  •  デジタル時代の医薬品の社会的価値
  • ◆多様化の先〜デジタル時代のヘルスケア〜
  •  2025年の医療のすがた
  •  製薬協が目指す2025年の医療のビジョン
  •  変化するバリューチェーン
  •  “製薬”企業のこれから
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、人々の健康のために、医薬品は、製薬企業はどう変化していくのか、未来を見据える目を持つことです。この到達目標を意識しながら、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考29枚 解説ノート付
  • 発行月:2020年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ