医薬品による薬物依存

教材イメージ

商品解説

医薬品も薬物依存症の原因薬物となることを知っていますか?

「薬物依存」と聞くと、覚醒剤等の違法薬物、危険ドラッグ等を連想しますが、薬物依存を引き起こす薬物はこれに限らず、医薬品が乱用され、薬物依存症の原因となることがあります。
薬物依存はどのように起こるのか、注意が必要な医薬品にはどのようなものがあるのか、医薬品に携わるMRとして必ず押さえておくべき知識を改めて確認しましょう。

※ナレーション付コンテンツはこちら。

内容紹介

  • ◆薬物依存の基礎知識
  •  依存症のひとつである薬物依存
  •  国際疾病分類(ICD-10)による分類
  •  依存症の診断基準
  •  薬物乱用・薬物依存・薬物中毒の関係
  •  「薬物乱用」とは
  •  「薬物依存」とは
  •  「薬物中毒」とは
  •  依存形成作用を持つ薬物の種類と特徴
  •  依存に関係する脳の神経系
  •  モルヒネによる精神依存形成機構
  •  薬物依存症の治療
  • ◆依存性のある薬物に関する法律と取扱い
  •  依存性物質の規制に関する法律
  •  危険ドラッグ対策としての法整備
  •  規制強化による危険ドラッグ実販売店舗の撲滅
  •  向精神薬の分類
  •  ベンゾジアゼピン系薬物の常用量依存への注意
  •  規制医薬品の添付文書記載ルール
  •  市販薬でも薬物依存のおそれがある
  •  「濫用等のおそれのある医薬品」の販売ルール
  • ◆医薬品による薬物依存の実態
  •  医薬品による薬物依存症の患者数は不明
  •  薬物関連精神疾患の原因となった薬物
  •  睡眠薬・抗不安薬は横ばい、市販薬は増加
  •  市販薬関連障害患者は依存症候群が非常に多い
  •  一般用医薬品による薬物依存の実態調査
  •  国の薬物乱用防止対策
  •  薬物依存防止への製薬企業とMRの役割
  • ◆学習のまとめ
  • ◆Checkしてみよう

活用のヒント

この教材の到達目標は、医薬品による薬物依存の現状を把握し、薬物依存防止のための製薬企業・MRの役割を理解することです。この到達目標を意識しながら、学習を進めていきましょう。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考:スライド37枚 解説ノート付
  • 発行月:2020年12月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ