【ナレーション付】MRに看取りに寄り添う覚悟はあるか?〜在宅プロモーションを考える〜

教材イメージ

商品解説

医療の世界に身を置く者として、看取りに向き合う医療・介護者の気持ちに寄り添うMRであれ

 残念ながら治癒が見込めない状態となってしまった患者さんに、医療ができることは何もなくなるかというと、そうではありません。患者さんが穏やかに人生を閉じられるよう、痛みや苦しさを取り除くために薬剤を投与するなど、患者さんへの医療的なケアは続きます。もちろん、患者さんが望むならば、最期の瞬間まで治療をやめないという選択肢もあります。治癒が見込めない状態となってしまった患者さんが、人生の最終段階を過ごすそれぞれの場所で、最期まで患者さんに寄り添う医療者・介護者がいます。
 患者さんの人生の最終段階に、そして「看取り」に、医師をはじめとする人々がどのような気持ちで向き合っているのか、医療の世界に身を置く者として、その気持ちに寄り添うことができるMRになりましょう。

※この教材はナレーション付コンテンツになります。
ナレーションなしはこちら。

内容紹介 ※ナレーション付き

  • ◆本編の前に
  •  ◎看取りについてのアンケート
  •  ◎「看取り」とは
  • ◆人生の最期についての人々の考え
  •  ◎本当は最期は自宅で過ごしたいけど…
  •   余命が限られている場合、自宅で過ごしたいか
  •   余命が限られている場合、自宅で過ごしたいか(同居者、子どもの有無別)
  •   自宅以外で最期を迎えることを希望した理由
  •  ◎本人の望む場所で人生の最期を過ごさせてあげたい
  •   治癒の見込みがなく命を脅かされる病気になった場合に、自分が望んだ場所で過ごし最期を迎えられることは大切か
  • ◆看取りの現実
  •  ◎多死社会で死亡場所はどうなる?
  •   死亡数・死亡率の推移
  •   死亡の場所別にみた年次別死亡数と割合(2019年)
  •   病床の必要量の推計
  •   在宅看取りを実施する医療施設
  •   訪問診療を行っている患者の受診経路別割合
  •  ◎診療報酬上での「看取り」
  •   在宅患者訪問診療料に係る加算の算定回数
  •  ◎地域医療のなかでの看取り
  •   在宅医療の提供体制に求められる医療機能
  •   在宅医療にかかる地域別データ集
  •  ◎在宅看取りを支える医師以外の職種
  •   在宅医療の人的連携
  • ◆看取りと向き合う
  •  ◎死が近づいてきたときの身体の変化
  •   身体に起こる変化
  •  ◎看取りに向き合う医師の気持ち
  •   「医師の職業倫理指針」の終末期患者のケアの項
  •   在宅診療医への取材から
  • ◆MRの皆さんへ
  • ◆出典

活用のヒント

【SBO案】多死社会を迎える時代の人生の最終段階における医療・ケアについて考え、患者志向に基づいたMR活動ができる。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考30枚 解説ノート付
  • 再生時間:約23分
  • 発行月:2021年3月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
教材のサンプルイメージ
ページの先頭へ