MRが身につけておきたいファクトを扱うちから

教材イメージ

商品解説

正確ではない情報が患者さんに与える影響とは?

 MRは、医薬品について、科学的・客観的な根拠に基づく正確な情報を提供しなければならず、意図的であるか否かにかかわらず、誤解を招くおそれのある情報を提供してはいけません。これは、「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」に記載されている、MRの責務です。
 医師や薬剤師など、医療者に正確な情報を伝えられず誤解を与えてしまうと、結果的に不利益を被るのは患者さんです。そのため医療者は、MRが不正確な表現や誤解を招く表現を用いることを、絶対によしとしません。
 この教材では、正確な情報を正確に伝達するちからを養うことを目的に、がんに関して世の中に広く出回っている言説・情報を通して、正確ではない情報が患者さんに与える影響や患者さんが被り得る不利益について考えていきます。

ナレーション付コンテンツはこちら。

内容紹介

  • ◆本編の前に
  •  ◎がんに関する情報についてのアンケート
  •  ◎「累積罹患リスク」・「累積死亡リスク」とは
  • ◆がん統計から正しい情報を読み取る
  •  ◎「日本人の2人に1人はがんになる」?
  •   生涯がん累積罹患リスク
  •   現在年齢別がん罹患リスク
  •   死因順位(第10位まで)別 死亡数・構成割合
  •   累積死亡リスク
  •   現在年齢別がん死亡リスク
  •  ◎不安が高まる言い回しが世の中に広まるわけ
  •  ◎真実性・正確性の検証「ファクトチェック」
  •   レーティング基準
  •  ◎人々の受けとめ方
  •   「日本人の2人に1人はがんになる」という表現について、あなたの受けとめ方として最も近いものはどれですか?
  •   「日本人の3人に1人はがんで死ぬ」という表現について、あなたの受けとめ方として最も近いものはどれですか?
  • ◆がん免疫療法についての不確かな情報が患者さんに与える影響
  •  ◎免疫療法は「夢の治療法」か?
  •   効果が証明された免疫療法と効果が証明されていない免疫療法
  •   保険診療で使われる免疫チェックポイント阻害薬
  •  ◎がん免疫療法について一般の方がもつ印象は?
  •   がんの「免疫療法」について、あなたが持つ印象を教えてください
  •  ◎免疫療法についての患者さんからの相談事例
  • ◆MRの皆さんへ
  •   MRの責務は正確な情報を提供すること
  • ◆出典

活用のヒント

【SBO案】国民の不安を煽る表現や自由診療下で行われる効果が不確かな医療など、ファクトチェックを行い、エビデンスに基づいた患者志向のMR活動ができる。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考30枚 解説ノート付
  • 発行月:2021年6月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
ページの先頭へ