日本の臓器移植の歴史

教材イメージ

商品解説

知っていますか?日本の臓器移植の現状

 厚生労働省は毎年10月を「臓器移植普及推進月間」とし、普及啓発を行っています。
 日本は欧米と比較して臓器移植が進んでいないと言われますが、それはなぜでしょうか?
 この講義を通して、日本の臓器移植の現状を知り、関連する製品の有無にかかわらず、医療・いのちと関わる仕事に就くMRとして、臓器移植について考えてみましょう。

内容紹介

  • ◆臓器移植の基礎知識
  •  ◎臓器移植とは
  •   臓器移植と組織移植の分類
  •   原疾患の例
  •  ◎臓器移植の種類と移植可能な臓器
  •   臓器移植の種類
  •   移植可能な臓器
  •  ◎臓器移植の歴史
  •   日本と海外での臓器移植に関する出来事
  •   脳死後または心臓が停止した死後の移植件数
  •   「臓器の移植に関する法律」の一部改正の概要
  • ◆日本の臓器移植の現状
  •  ◎法改正後も伸びない臓器提供件数
  •   臓器提供件数の年次推移
  •   国別臓器移植数(2019年)
  •   日本とアメリカの臓器別生存率/生着率(%)
  •  ◎希望者が移植を受けられない現実
  •   移植希望登録者数(2021年6月末現在)
  •   2017年3月31日までに国内で移植を受けた方の登録日から移植日までの平均待機期間
  •   移植希望登録者の現況(2020年3月31日現在)
  •  ◎生体移植に偏る日本の臓器移植
  •   2019年に国内で実施された臓器別移植数
  •   脳死肝移植と生体肝移植の割合:2019年の日米の症例数の比較
  • ◆意思表示の重要性
  •  ◎あなたの臓器提供の意思は?
  •   あなたは、仮に、ご自分が脳死と判定された場合またはご自分の心臓が停止し死亡と判断された場合に、臓器提供をしたいと思いますか。
  •   移植希望者に対しドナーが足りない理由
  •   あなたは、臓器を提供する・しないといった意思を、いずれかの方法で記入していますか、それとも記入していませんか。
  •   家族は本人の意思を尊重する傾向があることを示す調査結果
  •   臓器移植に関する4つの権利
  •   医療機関が臓器提供を行ううえでの課題
  • ◆出典

活用のヒント

【SBO案】国民のひとりとして、医療・いのちと関わる仕事に就くMRとして、日本の臓器移植の現状をどう見るか、自分の考えを整理する。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考31枚 解説ノート付
  • 発行月:2020年9月(2021年8月改訂)
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
ページの先頭へ