在宅医療での医薬品プロモーションのための基礎知識

教材イメージ

商品解説

在宅医療分野へ踏み出すことをためらっているMR必見!

 「在宅医療」ときくと、いわゆる寝たきりの状態になってしまった高齢者の医療、末期がん患者さんが最期のときを自宅で過ごすための医療、そんなイメージを抱く人も多いかもしれません。つい高齢者や看取りに目が行きがちですが、さまざまな年齢の、さまざまな疾患を抱えた患者さんが、在宅医療を受けながら日々の生活を送っています。
 在宅医療に関わりたいと思いながらも、まずはどこに行って誰と話をすればいいのかわからず、ためらっているMRも多いのではないでしょうか。
 この教材を通して、どんな患者さんがどこに居て、誰がどのように患者さんをみているのかを知り、在宅医療分野へ踏みだすための手がかりを見つけましょう。

ナレーション付コンテンツはこちら。

内容紹介

  • ◆本編の前に
  •  ◎在宅医療を受けた経験についてのアンケート調査
  •  ◎「訪問診療」と「往診」の違い
  • ◆在宅医療の基本的な知識
  •  ◎在宅医療を受けるのはどんな患者さんか?
  •   在宅医療を受けた推計外来患者数の年次推移
  •   訪問診療を行っている原因の病名(複数回答)
  •   年齢階級別にみた在宅医療を受けた推計外来患者数(2017年10月)
  •   在宅の医療的ケア児の推計値(0〜19歳)
  •  ◎在宅医療を受ける患者さんはどこにいるのか?
  •   高齢者が療養する施設の特徴
  •   高齢者向け住まいの概要
  •  ◎在宅医療は誰が提供しているのか?
  •   在宅患者訪問診療料の算定件数推移(病院・診療所別)
  •   在宅医療サービスを実施する一般診療所の施設数
  •   すべての在支診が満たすべき基準
  • ◆訪問看護と訪問薬剤管理
  •  ◎「在宅医療」は「訪問診療」だけではない
  •   在宅医療で受けられる主なサービス
  •  ◎「訪問看護」を受ける患者さんをイメージする
  •   訪問看護のしくみ
  •   特掲診療料の施設基準等別表第7に掲げる疾病等の患者
  •   特掲診療料の施設基準等の別表第8に掲げる状態等の患者
  •   訪問看護利用者(医療保険の「訪問看護療養費」を算定した者)の主傷病
  •  ◎「訪問薬剤管理」とはどのようなものか?
  •   在宅医療における薬剤師の主な役割
  •   在宅対応のケース別実施実績の有無(薬局調査)
  •   簡易懸濁法のメリット
  •   在宅協力薬局による業務
  • ◆地域医療計画でみる在宅医療
  •  ◎地域の在宅医療のこれから
  •   在宅医療の提供体制に求められる医療機能
  •   内閣府の世論調査(「地域社会の暮らしに関する世論調査」)
  •   在宅医療についての医療計画におけるアウトカムの評価指標の例
  •  ◎MRの皆さんへ
  • ◆出典

活用のヒント

【SBO案】取り扱う製品に関係なく、患者志向で地域の在宅医療提供体制の充実に協力できるMRになる。

教材仕様
  • 制作:株式会社メディカルエデュケーション
  • フォーマット:パワーポイント(pptx)、 確認問題正誤10問付(docx)
  • ダウンロード形式:zip(圧縮ファイル)
  • 備考36枚 解説ノート付
  • 発行月:2021年9月
ご利用条件
個人利用
社内利用
社外利用
×
eラーニング使用
改変
ページの先頭へ